妊娠 葉酸 いつまで

妊娠期間はどのくらい葉酸を摂取すればいいの?

妊娠すると葉酸を摂るのはとっても大切なことですが、妊娠期間中だけではなくて妊活中や、産後の授乳中にも葉酸を摂る必要があるんです。

 

これは最近、育児雑誌やプレママ教室でも言われていることなんですが、妊娠しやすい体作りのためにも、葉酸を摂取するのは、できるだけ早いほうがいいようです。

 

それに、授乳中でも赤ちゃんの大切な栄養素にもなるので、
葉酸は長い間飲み続ける必要がある栄養素なんですよね。

 

葉酸はただ摂取すればいいのではなく、妊活中・妊娠中・授乳中と、
それぞれ必要な葉酸量が異なります。

 

過剰に摂取することはよくないので、それぞれの時期に必要な量を摂取するようにしましょう。

 

⇒葉酸が足りないと赤ちゃんに悪影響!!足りないとどうなる?

妊娠期間中に必要な葉酸摂取量をまとめました。

妊娠期間中に必要な葉酸摂取量は次のとおりになります。
妊娠中は通常の2倍の葉酸量が必要となるため、不足しないように気を付けましょう。

 

・成人女性:200μg
・妊活中:400μg
・妊娠初期:440μg〜480μg
・妊娠中期〜後期:240μg
・授乳中:280μg

 

成人女性でも1日に200μgの葉酸が必要です。

 

でも葉酸は水溶性ビタミンなので、熱に弱いのが難点。

 

例えば200gの生のほうれん草に含まれる葉酸は210μgですが、
茹でると半分もの葉酸が溶け出してしまい110μgにしかならないため、
調理法にも気を付けて摂取することが大切ですね。

 

葉酸を多く含む食べ物はたくさんありますが、
調理法や栄養バランスも考えながら摂取する必要があります。

 

特に妊活中と妊娠初期は、成人女性が普段摂取する2倍以上の葉酸が必要なので
食事はもちろん、葉酸サプリをうまく取り入れながら摂取するようにしましょう。

 

 

妊婦が安心して飲める無添加葉酸サプリをチェック!