葉酸 足りない

葉酸は赤ちゃんの必要に必要不可欠!

葉酸はお腹の中で赤ちゃんが成長するときに必要な栄養素です。特に妊娠初期は積極的にとるようことが大事!!

 

葉酸は赤ちゃんが細胞分裂をして、体の基礎を作るときに最も必要な栄養素。妊娠初期は活発に細胞分裂をしながら、赤ちゃんの体を作る大切な時期です。

 

この時期に葉酸が足りないと、様々なリスクや成長の妨げになってしまう場合もあるので、
葉酸の摂取がどれだけ必要なことなのか、一度おさらいしておきましょう。

 

葉酸が足りないとどうなるの?

葉酸が足りないと、先天性奇形・無脳症・神経管閉鎖障害などが起こる場合があります。

 

これらは葉酸が足りないことだけが原因ではありませんが、
葉酸を摂ることによって70%以上リスクを下げることができるという研究結果から、
厚生労働省でも妊娠1ヶ月前〜妊娠初期の間に葉酸摂取を推奨しているんです。

 

「妊娠初期は葉酸を飲みましょう!」というのはよく聞きますが、
安定期に入ったとたんに葉酸摂取をやめてしまう人もけっこういます。

 

しかし葉酸は、妊娠初期の赤ちゃんの成長リスクを下げるだけでなく、
ママの悪性貧血を防ぐこともできるので、赤ちゃんとママ、どちらにも必要不可欠な栄養素。

 

妊娠後期になると、貧血に悩まされるママも少なくありません。
悪性貧血になると、ママの体だけでなく、赤ちゃんへの負担も大きくなってしまうため
元気な妊娠生活を送るためにも、葉酸は意識的に摂取するようにしましょう。

 

ママと赤ちゃんの健康のためにも葉酸を摂取しましょう!

葉酸不足による先天性奇形・無脳症・神経管閉鎖障害の確率は1000人に1人。
葉酸が不足すると必ず起こってしまうわけではありません。

 

が、予防にもなるし、妊娠中に大切な栄養素に変わりはないので、
積極的に摂取するようにしましょう。

 

妊娠初期は体調不良で食事があまりとれないという人もいるため、
葉酸以外の栄養素も摂取できるサプリはママの強い味方です。

 

食事でしっかり栄養を摂れているか不安な方は葉酸サプリを利用するのがオススメですよ(*´▽`*)

 

 

妊婦が安心して飲める無添加葉酸サプリはこれ!!