葉酸 食べ物

葉酸はどんな食べ物に含まれているの?

葉酸は、サプリで手軽に摂れるというイメージがありますが、食べ物にも多く含まれています。

 

しかし、葉酸は熱に弱く、食べ物によっては加熱すると葉酸量がおよそ半分になってしまうものもあるため、調理法に気をつけながら摂取することが大切です。

 

葉酸は主に、緑黄色野菜に多く含まれていますが、野菜以外にも含まれているため、
葉酸の多い食品どうしを組み合わせておいしく摂取する工夫をするといいですね。

 

ここでは、葉酸の多い食べ物にはどんなものがあるか、ご紹介します。

 

葉酸が多い食べ物をまとめました。

葉酸が多い食べ物を葉酸量が多い順になっているので、参考にしてくださいね。

 

野菜系(100g当たり) その他(100g当たり)
菜の花(340μg)

枝豆(320μg)
からしな(310μg)
芽キャベツ(240μg)
ほうれん草(210μg)
ブロッコリー(210μg)
アスパラガス(190μg)

焼き海苔(1900μg)

味付け海苔(1600μg)
岩海苔(1500μg)
鶏レバー(1300μg)
牛レバー(1000μg)
豚レバー(810μg)
生のうなぎの肝(380μg)


葉酸の多い食べ物は緑黄色野菜以外でも、海苔やレバーなどに多く含まれているようです。
食事で組み合わせながら摂取すると味や食感の変化も楽しむことができますね。

 

栄養バランスを考えながら摂取することが大切!

普通の生活をしているときの葉酸摂取目安量は200μgと言われていますが、
妊娠初期はその倍以上の480μgを摂る必要があります。

 

葉酸は様々な食べ物に含まれていますが、毎日摂取目安量を摂ることは難しいですよね。
食事で補いきれない場合には、葉酸サプリで栄養サポートすることも大切です。

 

葉酸は毎日摂取し続ける必要があるので、食べ物だけでなく、
葉酸サプリを上手に併用するのがオススメ。

 

栄養バランスを考えつつ、食事で葉酸摂取をし、
補いきれない葉酸や、その他の栄養素を葉酸サプリで摂取するといいですよ。

 

サプリだけに頼りすぎず、食事とうまく組み合わせながら
バランスよく摂取するようにしましょう。

 

 

無添加で安心の葉酸サプリをチェック!!先輩妊婦さんにも人気♪